事業を大きくするために

返済のリスクを考えよう

足りない資金額を計算する

たくさん資金を借りすぎると、返済の負担が大きくなります。
少しでも負担を軽くするために、必要な資金額だけ借りると良いですね。
手元にはどのくらいの資金が残っているのか確認してから、融資金額を決めましょう。
また希望する融資金額が高いと、審査が厳しくなる傾向が見られます。
何度も審査を落ちてしまう人は、少し希望する金額を下げて、再び申し込んでみましょう。

ちなみにノンバンクには、総量規制という決まりがあります。
こちらはノンバンクが融資をして、お金が戻ってこないという事態を避けるために作られた決まりで、利用する側は年収の3分1未満の金額しか申し込めません。
銀行は総量規制がありませんが、似たような独自の決まりがあります。

利率をチェック

返済する際は、借りた金額に利子を付けてください。
利子は、金融機関ごとに決められている利率によって変わります。
ノンバンクは特に利率が高く、返済の負担が大きくなりやすいと言われるので気を付けてください。
反対に銀行は、利率が低く設定されていることが多いです。
このことも考慮して、どこから融資を受ければ良いのか決めてください。

返済が滞るとこちらの信用を失い、どこの金融機関も今後は融資をしてくれなくなります。
すると資金調達をする時に困るので、1回でも滞ることがないように努力してください。
そのためには、返済計画書を作成するのが良い方法です。
計画通りに毎月コツコツと返済していれば、期限内に完済できると思います。


この記事をシェアする