事業を大きくするために

金融機関に相談してみよう

計画書を提出する

本店でなくても、きちんと一定の利益を得られており、返済の見込みがあると判断されれば資金サポートを受けられます。
銀行やノンバンクなどの金融機関から資金サポートを受ける際は、申し込みの際に書類を提出してください。
この時に資金の動きがわかる資金繰り表や決算書、さらに事業計画書が必要です。

特に事業計画書は、これからどのような事業を行い、何のために資金が必要なのか金融機関にアピールするためのものです。
事業計画書は説明不足だったり、逆に説明が長すぎたりしてもいけません。
長々と説明しても、結局何を言いたいのかわからず、計画性がないと思われ審査を落ちてしまいます。
ですから簡潔に、わかりやすくまとめることを心がけましょう。

審査は必ずあるもの

どこの金融機関が良いのか探すと、審査がないことをアピールしているところが見つかると思います。
するとたくさんの負債を抱えている人や、早く資金を入手したい人は申し込んでしまうかもしれませんが、そのような金融機関が非常に悪質なので利用しないでください。
法外な金利が発生したり、返済期限が短かったりするケースが実際に起こっています。

そして毎日取り立てが来て、会社を経営できない状態に陥ってしまいます。
そのため、審査がないという言葉に騙されないでください。
審査があることが、信頼できる金融機関の条件になります。
また不安な人は、その金融機関を使った人から感想を聞きましょう。
特に、トラブルが起こっていなければ大丈夫です。


この記事をシェアする